医療訴訟と距離感

医療訴訟は本当に様々なケースがありますが、医療機関側と患者側の距離感が非常に重要なポイントになってきます。
医師には様々な申告義務があり、患者、そして患者のご家族はそれを知る義務があります。
こうした関係の中で申告漏れや申告ミスなどがあった場合には当然ながら医療訴訟になってしまう可能性も高くなりますが、例えば家族だけに告知をした場合や、その他にも実際にオペを始めて事前の説明以外の症状を発見し、医師は麻酔のかかった患者に承諾を得ることなく患部を切除したなどといった場合には後になってトラブルに発展するケースがあります。


またその他にも看護士と患者との距離感によっても様々な医療訴訟が起きています。
そのため医療機関側として、患者側とどこまでの距離感を保てば良いのかといった部分が日々の論点になってきますが、双方での感覚のズレと言う部分から医療訴訟に発展してしまうケースもあるようです。


またこのような形で医療訴訟に発展した場合には、結果そのものの判決を下す裁判員の見解によって、同じようなケースでも結果そのものが大きく変わってくるケースもあります。
後になって医療訴訟が起きてしまわないように医師としてどのような対応をするのがベストなのかを考えるだけではなく、患者そして患者のご家族と徹底したカウンセリングを行っていくことが最も重要になります。
医師と患者のご家族側では話が出来ていても、患者にはしっかりと内容が伝わっておらず、医療訴訟が起きてしまうと言うケースもあるようです。

Copyright © 2014 医療訴訟の要因 All Rights Reserved.